STEP2 魚の画像を表示してみよう! – FishGame Project

魚を画面に表示

21行目に次のコードを追加する。

var kumanomi = Sprite('kumanomi').addChildTo(this);

phina.js_画像の表示位置

画面の中央に表示

23行目、24行目に次のコードを追加する。

 kumanomi.x = 320;
 kumanomi.y = 480;

画面のサイズは幅(x)640ピクセル、高さ(y)960ピクセル

phina.js_画面サイズ

試してみよう!

xとyの数字を変えて、表示位置を変えてみよう!

ここまでのコード

phina.globalize();

var ASSETS = {
 image: {
 'aquarium': 'http://papagram.com/wp-content/uploads/2016/07/Aquarium.png',
 'kumanomi': 'http://papagram.com/wp-content/uploads/2016/07/kumanomi.png',
 }
};

phina.define('MainScene', {
 superClass: 'CanvasScene',
 
 init: function() {
 this.superInit();
 
 var kumanomi = Sprite('kumanomi').addChildTo(this);
 kumanomi.x = 320;
 kumanomi.y = 480;
 },
});

phina.main(function() {
 var app = GameApp({
 startLabel: 'main',
 assets: ASSETS,
 });
 
 app.run();
});
Pocket

宮田真也

Webプログラマー。
1982年京都府城陽市生まれ。東京都練馬区在住。社会学系の大学・大学院を卒業後、会社員として約6年勤務。退職後、プログラミングを学び、畑違いのWebプログラマーとして独立し、現在に至る。